2018/11/08

ビットコインキャッシュハードフォークへの対応方針に関するお知らせ

お客様各位

平素よりYenomをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2018年11月15日に予定されている、BCHのハードフォークに関しまして、当社の対応方針についてお知らせいたします。

今回のご案内はハードフォーク後に新しい通貨(以下、新通貨)が生まれた場合に関する当社の対応方針のご案内となります。

なお、ハードフォーク自体は行われてもチェーンの分岐および新通貨が生まれない可能性もございます。

重要なご案内となりますので最後までご覧いただきますようお願い申し上げます。

BCHのハードフォークに関して

日時:2018年11月15日 PM 4:40 GMT
(日本時間:2018年11月16日 AM1:40)

上記日時にてハードフォークが行われるソフトウェアが、複数の開発グループより発表されています。これまでBCHはBitcoin ABCやBitcoin Unlimitedなどのソフトウェアで動いておりましたが、新しく発表されたBitcoin SVのソフトウェアにより、新通貨が生まれる可能性がございます。

■参照URL

Bitcoin ABC
https://www.bitcoinabc.org/2018-08-20-announcing-bitcoin-abc-0-18-0/

Bitcoin SV
https://nchain.com/en/blog/bitcoin-sv-launch/

Bitcoin Unlimited
https://github.com/BitcoinUnlimited/BitcoinUnlimited/blob/dev/doc/release-notes/release-notes-bucash1.5.0.1.md


当社の対応方針

ハードフォークが行われた結果、チェーンが分岐(スプリット)して新通貨が生まれた場合、Yenom walletでBCHをお持ちの方は、ウォレットに紐づく秘密鍵に同額の新通貨が付与されます。

ただし、

・新通貨の表示
・新通貨の送受金
・新通貨とBCHの切り離しの機能

に関しましてはお客様の資産の安全を第一に考え、ハードフォーク後の新通貨の開発状況(リプレイプロテクションの実装、独自のアドレスフォーマットの実装等)や、マイニング状況、価格状況を加味し、総合的な観点から方針を決定させていただきます。

尚、現在当社で運用しているソフトウェア及び、当社が依存しているサービスは、Bitcoin ABCおよびBitcoin ABC互換のソフトウェアを使用しております。

新通貨が誕生した場合の切り分けツールについて

新通貨に関する当社の方針決定よりも前にご自身の責任でコインを切り分けたい方向けに、それを補助するための外部ツールをご紹介いたします。

https://github.com/markblundeberg/coinsplitter_checkdatasig

こちらのツールの使用及び、コインの切り離しは全て自己責任にてお願いいたします。全ての仕組みやリスクを完全に理解して、その上で使用したいという方のみご使用ください。

こちらの技術的な説明に関しては、別途当社技術ブログにて解説いたします。

Yenom技術ブログ

他にも、今回のハードフォークやチェーンのスプリットに関してもわかりやすく解説をしていく予定です。11月10日(土)19:00 にはビットコイナー反省会にて解説の配信もさせていただきますので、ぜひご覧ください。

セーフティガイドライン

ハードフォーク前後の送受金について

BCHのハードフォーク時(11月15日前後)も送受金はご自由に行っていただけますが、ネットワーク状況が不明確なため、アップデート前後の送受金はお控えいただくことをお勧めいたします。

現状では新通貨のリプレイプロテクションが未実装のため、BCHを送金されますと、意図せずに新通貨も同じ宛先に同じ額送金されてしまう可能性がございます。(リプレイプロテクションについても技術ブログにて解説予定です。)

上記仕様につきましてご理解いただき、BCHのアップデート前後の送金に関しましては、自己責任で行なっていただきますようお願い申し上げます。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

新通貨ができた時にすぐにそれを取り出したい場合

ハードフォークの前に、BCHと新通貨それぞれ別々に対応することを表明している信頼できるサービスに、保有されているBCHを送付しておくことをお勧めいたします。

取引所について

多くの取引所はハードフォークに際して、BCHの取引を一時停止する可能性がございます。もしBCHを法定通貨やほかの仮想通貨と交換したい場合は、11月15日のハードフォークよりも前に交換しておくことをお勧めいたします。

その他のサービスについて

多くのサービス事業者は、今回のハードフォークに関する公式アナウンスを既に発表しています。それらをよく読み、どうするかについてはご自身で決断をされることをお勧めいたします。

今後のスケジュールにつきまして

当社といたしましては、お客様の資産の保全を第一に考え、新通貨の総合的な状況が明らかになり次第、今後の対応方針を当社ウェブサイト、ニュースリリース、または当社公式SNSにてアナウンスさせていただく予定でございます。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。